<< インドマドラスの7分ワークシャ... | SI-HO SUPのネリネシャツ。 >>

勝手に他所の商品のお買い物レビュー

c0103090_16541211.jpg

今朝店に来る途中に立寄って

一目惚れして靴を買った。

あの時と同じ“ある”店で。

ちょうど革靴を探していたんだけど

まだまだオールデンとかは自分には早いし

青二才がステータスで飛びつくのもちょっと。

c0103090_16543372.jpg
c0103090_16545554.jpg


だから、自分の目利きを信じて選んだものが

「それ何?かっこいいすっすね~」って聞かれて

「ん?知りたい?これ実はね~」ってほうが悦に浸れるというかね。

c0103090_1655882.jpg

そうあそこのPOSTMAN SHOES。

一応ハードな復刻アメカジメーカーって括りにはなってるけど、

ここんちは、その筋の人だけじゃなく、

見方を変えるとけっこう面白いもの作ってるんですよ。



話しはそれるけど、

レプリカメーカーのつくりの良さは、

今でも尊敬してるし毎シーズン一応チェックしてます。

この靴もすばらしいです。



だけど変わらない(変わろうとしない)のは、

その筋と呼ばれる人達。

そこまで好きならXXとか古着に精通してると思いきや

意外に「そのブランドが作ってるからいいんだ!」みたいな人が大半で

服が好き、古着が好きというよりも

ただのブランド物が好きな人と同じ感覚なんですよね。


むしろ

~はこう着るべし!

~でなければならない!的な

変な決め付けももう古いし、

もっとニュートラルな目線で着ることを優先した物選びをしてる人のほうが

奥行きがあってかっこいいと思うんだけどな~


服も時計も車も

何かの情報に頼りっきりになるより

自分の目利きを信じて物選びするほうが断然楽しい。


どうやって着ようかな?とか

こう着るとかっこいいだろうな~とか考えながら

もっとラフに服選びするのも

アリなんじゃないかな?


良い着こなしは、

じっくり時間をかけて

転がったり、ぶつかったり、よそ見もしたり、時々失敗しながら

自分のもの(スタイル)になっていくんだって思います。
[PR]

by tmpcoop | 2009-05-30 18:10 | STYLE

<< インドマドラスの7分ワークシャ... | SI-HO SUPのネリネシャツ。 >>