|

2010年 02月 05日 ( 4 )

EELの陶器釦のシャツは付属意外にもマテリアルにも注目してね。

c0103090_1962067.jpg


EELの陶器釦を使用したこちらのシャツ。

陶器釦の話は

この前お話したとおり。

c0103090_1893746.jpg


普通なら陶器釦すごいでしょ?で

説明終わってしまうんだけど、、、

たしかに

ボタン自分たちで作っちゃうんだから

そこまでに至るプロセスを

伺ってるとそれはそれはホントすごいことであって・・・


でも、あえて声を大にするならば、


いや?ほんとのシャツ好きな人たちのハートに訴えかける上で

このシャツの仕立てを見ていて、ひとつ気になることがあった。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ややシェイプされたシルエットにドレスに見られるような繊細な襟、

c0103090_19224029.jpg


全体的に細いステッチによる繊細な縫製に対して・・・

c0103090_18275640.jpg


肩、袖の付け根の縫製は幅の太い巻き縫いに・・・

ここがポイントで、

この部分だけ変えてるのはなぜなのか?

c0103090_18264925.jpg


シャツの太い巻き縫いってレベルの高い工場じゃないとできないって

昔あるシャツ屋のおっちゃんから聞いたこともあるんだけど

そこには絶対深い意図があると思って聞いてみた。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



ドレスに見られるような繊細な仕様に対してなぜここだけ太い巻き縫いに?



気づかなければどうでもいいことかもしれないんだけど、

これは、

襟の形状や、シルエットなど、そのままだと全体的に繊細な印象になってしまうから、

縫製レベルも難しいけど、

肩、袖の縫製をアメリカントラディッショナルのシャツにもみられる仕様で

あえて幅が広い縫いにすることによっていい感じのアタリ感がでて

繊細さの中にガシッっとした武骨さも見え隠れするように

そこにEELらしさを見出そうということで仕上げたかったんだとか・・・


c0103090_1847184.jpg


付属に目が行きすぎてしまうと肝心な部分ってごまかしが利いてしまう服って多いんだけど、

このシャツの素晴らしさはボタンだけではないよ。

こういうところにも作り手の思いがこもってるんだから

ここまで来るのにものすごいプロセスを踏んで一つのモノが出来上がるんだから

しっかり見てね!ってことを

ちょっと野暮ったい説明になってしまったけど付け加えておこうと思う。



WHITE,SAXの2色展開

メンズ


EEL (イール) | 陶器釦のシャツ[WHITE]

c0103090_1974022.jpg
c0103090_1910175.jpg



EEL (イール) | 陶器釦のシャツ[SAX]

c0103090_1982014.jpg
c0103090_1910229.jpg


レディース

※サイズXSはレディースサイズです。

メンズのシャツの雰囲気が大好きなんだけど、意外になくて・・・っていう女性の方にも、

そんなニュアンスを普段の女性らしい着こなしに1点取り入れたいっていう方にもオススメします。



EEL (イール) | レディース 陶器釦のシャツ[WHITE]

c0103090_198395.jpg
c0103090_1911869.jpg


EEL (イール) | レディース 陶器釦のシャツ[SAX]

c0103090_199598.jpg
c0103090_19112956.jpg



[PR]

by tmpcoop | 2010-02-05 19:20 | ITEM

EELのフローレンスという名のロングブラウス。

c0103090_17402163.jpg


EELのフローレンスというロングブラウス。




c0103090_1741268.jpgc0103090_17414144.jpg




ボタンがたくさんついた

フロントはプルオーバータイプで

Aライン調の広がりのあるシルエットに

小ぶりな襟。





c0103090_17424916.jpgc0103090_17431875.jpg





後と袖口にギャザーを寄せて

懐かしさもある雰囲気に仕上がりました。






甘い、かわいい、ふわっとした感じもいいけれど、

ただそれだけじゃおわらないのはメンズをきっちり作れるからこそできる業?といった

素朴でいてとても温かみを感じる仕上がり。

清涼感のある綿麻素材の洗いざらしの白と、

シャンブレー素材に織り柄になったドビー織りの素材の2種類。

甲乙つけがたいけどどちらもいいんですよね。



EEL (イール) | フローレンス[WHITE]

c0103090_17474329.jpg
c0103090_1751966.jpg
c0103090_1750274.jpg



EEL (イール) | フローレンス[シャンブレー]

c0103090_17482440.jpg
c0103090_17513623.jpg
c0103090_17502949.jpg



[PR]

by tmpcoop | 2010-02-05 17:51 | ITEM

新潟JAMES

c0103090_17153853.jpg



今日は新潟JAMESの丸山氏がご訪問。

名古屋の帰りでちょっとウチの店寄ってこうみたいな感じで来てくれました

ご訪問ありがとうございました。


このブログをご覧になってる

ORIBEフォロワーな方はご存じかもしれませんが

JAMESはORIBEの塩谷氏が地元新潟でやってる店。


先月は塩谷氏、

先々週は生産担当の鈴木氏

今週は丸山氏。

ORIBE関連の人が立て続けに見に来てくれました。


新潟来た際にはぜひ!なんて言ってたけど、

僕は社交辞令ってのが効かないからほんと行っても大丈夫なんだろうか・・・


その時はいしおかのおやじ~。

市内案内宜しく。



今日は内輪的なネタでごめんなさい。
[PR]

by tmpcoop | 2010-02-05 17:17 | 日記

SUNNY SPORTS

c0103090_1647563.jpg


60-80年代のアメリカ。

その時代は高度資本主義のもと

大量生産による合理化のもとで

旧きを捨てどんどんと効率化によるアイテムが生み出されていった。



その高度資本主義によって捨てられてしまった旧き良き過去の名品を

拾い集めてリプロダクトする作業を良しとする場合もあるけれど、

そんな堅っ苦しいもんじゃなくて、

いい意味でチープでぎらぎらしていた頃の

作り手がリアルに感じてきたアメリカのユーティリティーウェアを

素直に今に伝えていこうというのが今期よりご案内することになった

SUNNY SPORTSのいいところ。



c0103090_16452918.jpg



前にも言ったアメカジというものが個人の解釈に委ねられた今だからこそ

その人なりの解釈で自由に取り入れてみてほしい。

SUNNY SPORTS ITEM 一覧へ



[PR]

by tmpcoop | 2010-02-05 16:50 | ITEM

|